トップページ > 学校案内 


学校の沿革学校いじめ防止基本方針教育理念ビジョン施設環境校 歌
 






校  門

 木々の中にどっしりと屹立する校門は、会津一円から向学心に燃えた若者を温かく迎え入れ、鍛えられ各界・各層に巣立っていくのをじっと見守ってきました。
 在学中は、気にとめなかったその存在も、人生が深まるにつれ、青春の思い出とともに感慨が湧いてくるのではないでしょうか? 同窓生の皆様、近くにお越しの際はどうぞお声をかけてあげてください。

撮影05/05/26






屋上から見た風景

 北校舎(3階)の屋上から見た風景です。飯豊山麓〜鶴ヶ城〜磐梯山〜背あぶり山など山々がくっきりと見え、歴史と自然に恵まれた本校の環境をあらためて見ることができます。

撮影05/05/26






グラウンド

 先輩方の汗と涙の滲んだグラウンド。今日も後輩達の練習をしっかりと支え、包んでくれています。
 パノラマ左端では、県大会での勇躍ぶりを意気揚々とお城に向かって報告しているのが見えます。(なお、今回は特別で、屋上には上がれません)

撮影05/06/09






中  庭

 進路指導室前、北/中校舎連絡廊下(2階)からみた中庭。生徒も教師も忙しい日々、そっと佇めば、心をなごませてくれる癒しのスポットです。

撮影05/05/26






南体育館

 平成9年3月落成。入学式をはじめとする各種式典、体育授業、部活動に活用されています。
 あのミス・ミスター学而もここから誕生しました。






北体育館とプール


 北体育館は、昭和38年9月 東京オリンピックを翌年に控え、心身の鍛練が叫ばれる中、新体育館が落成しました。しかし12月火災により校舎・体育施設 のほとんどが焼失する中、無傷で生き残り、現在も、体育授業はもちろんバレー部、卓球部などに活用されています。
 隣には、水泳訓練を行ったという日新館ゆかりの?プールがあります。






トレーニングセンター


 文武不岐の実現のために、雨天や積雪期でも廊下や軒下でトレーニングに励む生徒達が充分トレーニングができるようにと、同窓会の呼びかけに全国の同窓生の方々のご尽力で、平成15年5月に落成しました。
 川嶋廣守氏が揮毫された不撓不屈(ふとうふくつ)の文字が見守る中、バーベル、ベンチプレス、コンビネーションマシンなど10種類の最新機器を用いたトレーニングに、さらにオープン・スペースでは吹奏楽部の大会前総仕上げにと有効活用されています。






学而会館(中田浜)


 風光明媚な猪苗代湖中田浜にある合宿施設です。昭和27年の端艇部の国体優勝を期に昭和31年に建設されました。
 その後、平成2年「百周年記念事業」として改築され、現在は、在校生のレクリエーション合宿や部活動合宿の他、子供会やゼミの合宿など青少年の人材育成のため地域の方々にもご利用頂いております。伝統の中田浜強歩大会の折返し地点でもあります。